予防接種について

当院では体調の良い時に余裕を持って接種していただきたいと思い、毎日診療時間内に予防接種を行っています。予防接種専用の待合室がありますので、小さいお子様でも安心してお受けいただけます。

小児の定期予防接種(公費)は全て受けられます。
また、当院は埼玉県の「相互乗り入れ接種協力医療機関」であり、川越市だけでなく、鶴ヶ島市、日高市、その他の県内市外の方も公費で接種可能です。予診票は各自治体のものをお持ちください。
川越市内の方は、予備の予診票が院内にございます。
県外からの里帰り分娩などの場合は、お住いの自治体にご相談ください。

成人の方の接種も行っておりますが、ワクチンの供給が不安定な場合は子どもを優先させていただいております。

持ち物 母子手帳、予診票
時間 午前9:00〜11:30(木11:00まで)
午後3:00〜5:30
日・祝・第1火曜 休診
予約 当日順番予約ができます
直接窓口受付も可能です
常備ワクチン ヒブ・13価肺炎球菌・B型肝炎・4種混合・ロタ(1価)・MR(麻しん風しん)・水痘・おたふく・日本脳炎・2種混合(DT)
取寄せが必要なワクチン ロタ(5価)・BCG・不活化ポリオ単独・麻しん単独・風しん単独・破傷風・A型肝炎、10歳以上のB型肝炎、三種混合など
料金 ロタ(1価) 1回14000円 2回接種
ロタ(5価) 1回9700円 3回接種
おたふく 1回5400円
インフルエンザ 1回3700円 13歳未満2回、13歳以上1(〜2)回接種
上記以外はお問い合わせください。
その他 BCGは単独接種のみで、同時接種は行なっておりません。第2、4金曜午後2:00〜3:00となります。2日前までに窓口かお電話でご予約ください。

インフルエンザは例年10月から開始します。
予約サイトから日時をご予約ください。

《未成年者の予防接種について》
予防接種とその後の観察時間には必ず保護者の方が付き添ってください。
既婚者は成人となりますので、ご本人のみで構いません。

13歳以上で保護者が来院出来ない場合
○日本脳炎(公費):受付で事前に同意書を受け取るか、川越市公式ホームページ「日本脳炎予防接種について」のダウンロードの項から同意書を印刷し、予診票とともにお持ちください。
○子宮頸がん(公費):予診表と保護者が同伴できない場合の同意書に漏れなくご記入ください。

○任意の予防接種:18歳未満の方は保護者の同伴をお願いしています。18歳以上で保護者が同伴できない場合は下記または受付にある同意書と小児用予診票に記入し、当日お持ちください。
1カ所でも記入漏れがありますと接種は出来ませんのでご注意ください。
また、診察の結果で接種出来ない場合もあります。ご了承ください。

ダウンロード

下記から予診票他を印刷してご利用いただけます。
ロタワクチンは院内に置いてあります予診票をご利用ください。
定期予防接種(公費)については各自治体の予診票にご記入ください。

  • 予防接種の流れ
  • 1.お取寄せが必要なワクチンはお電話または窓口でお申込みください。入荷に時間がかかる場合もありますので、余裕を持ってご連絡ください。
  • 2.当日は順番予約(https://clinic.smiley-reserve.jp/kuromori)をご利用ください。
  • 3.受付で母子手帳をお出しになり、希望する予防接種と予診票の有無をお伝えください。
  • 4.プレールームでお待ちください。体温測定します。
  • 5.医師による問診・診察の後、医師が接種します。
  • 6.重篤な副反応が起こりうる接種後30分は院内で経過観察します。接種前後の飲食は控えてください。
  • 7.時間になりましたら、受付にお声掛けください。全身状態と接種部を確認して終了です。
  • 8.当日の入浴は可能です。激しい運動は避けてください。
  • * BCGはお電話または窓口でご予約いただきますので、当日の順番予約は不要です。日時が決まっておりますので、ご予約いただいた人数によっては、医院前駐車場に入れない場合がございます。その場合は、周辺の駐車場をご利用ください。
ヒブ インフルエンザ桿菌(細菌・インフルエンザウィルスとは別)による細菌性髄膜炎を予防します。接種可能な月齢になったらすぐに接種を開始しましょう。

定期接種:生後2ヶ月〜5歳未満
小児肺炎球菌 肺炎球菌による髄膜炎を予防します。細菌性髄膜炎は重篤な病気で、後遺症を残すことも多いので、接種可能な年令になったらすぐに接種を開始しましょう。

定期接種:接種2ヶ月〜5歳未満
任意接種:5歳以上6歳未満
B型肝炎 体液を介して感染します。小児では家族間や集団保育、年令が上がると医療など職業関連やスポーツ、性行為などで感染することがあります。

定期接種:生下時〜1歳未満に3回
任意接種:1歳以上〜成人
ロタ ロタウィルスによる胃腸炎を完全に予防できるわけではありませんが、入院を要するような重い症状になる事を防ぎます。

接種可能年令:生後6週〜生後24週0日(1価・2回)、生後6週〜生後32週0日(5価・3回)
4種混合 ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオが含まれています。百日咳は現在でも多くの罹患者がいます。大人は咳が長引く程度で済みますが、乳児が感染すると重症化します。

定期接種:生後3ヶ月〜7歳6ヶ月未満に4回
BCG 結核、特に乳幼児の重症結核を予防します。

定期接種:生後5ヶ月〜1歳未満
麻しん風しん混合(MR) 有効な薬はありません。麻しんは1週間は解熱しない重い病気であり、脳炎、肺炎など重篤な合併症を起こすこともあります。
風しんも重症化することがあり、また、妊婦が罹患すると胎児が先天性風疹症候群になる事があります。接種前1ヶ月、後2ヶ月は避妊が必要です。2回接種をしましょう。

定期接種:1期は1歳〜2歳未満、2期は小学校入学前年の4/1〜3/31まで
任意接種:上記期間以外〜成人
水痘 抗ウィルス薬がありますが、脳炎や肺炎の合併や将来の帯状疱疹の原因にもなります。2回接種が勧められます。
50歳以上で帯状疱疹の予防・軽症化のために接種することがあります。

定期接種:1歳〜3歳未満に2回
任意接種:3歳〜成人
おたふく 有効な薬はありません。難聴を合併することがあり、発症すると回復しないと言われています。また、年令が上がるほど合併症を起こしやすく、重症化しやすいです。2回接種が勧められます。

任意接種:1歳〜成人
日本脳炎 蚊が媒介する病気で、日本でも発生しています。およそ5年毎に接種すると免疫を維持できます。
海外流行地へ赴任する場合など大人の方も接種します。

定期接種:1期は生後6ヶ月〜7歳6ヶ月未満に3回、2期は9歳〜13歳未満に1回
任意接種:7歳6ヶ月〜成人
2種混合(DT) 4種混合終了後、11歳〜13歳未満でジフテリア、破傷風を追加します。そのため、公費の2種混合は4種混合を済ませていない方は接種出来ないことがあります。

定期接種:11歳〜13歳未満
インフルエンザ インフルエンザウィルスによる感染、重症化を予防します。毎年接種します。

任意接種:生後6ヶ月〜成人
破傷風 破傷風菌は土壌中に存在し、大きな怪我でなくても感染することがあります。およそ10年毎に接種すると免疫を維持できます。
4種混合、2種混合に含まれるため、接種対象は主に成人となります。
A型肝炎 主に海外に行かれる方が接種します。流行地、特に衛生状態が悪い場所に出かける場合は注意が必要です。
狂犬病 主に海外に行かれる方が接種します。イヌ以外にもサル、ネコ、キツネ、コウモリなど、哺乳動物には注意が必要です。
また、ワクチンにはゼラチンが含まれるのでゼラチンアレルギーの方は注意が必要です。

powered by crayon(クレヨン)